前のエントリーでスカウトに絡まれたらやばいって話をしまして。
普段する照準の合わせ方と、いかに外してもらうかについて書こうと思います。
後半は当てる側に立った話です。
(予防線を張っておきますけど、全員に言える話じゃないですしオカルトっぽい)

・Aimの仕方
TF2のようなゲームでは片方のプレイヤーが止まっている状態で撃つことは基本的にありません。
なので相対速度を測って撃っているわけです。(段々意識しなくなりますけど)
更に照準は自分で動かさないといけないので、
自分の照準の動く速さと相対速度を測って「ここだ!」とクリックしている感じですね?

・外してもらうために
なので外してもらうには「相対速度を測られてから」フェイントを入れる(別方向に動く)必要があります。
TF2には連射武器という物が少ないので、次弾発射までの間にもう一度照準を合わせる作業があります。
弾を撃ってから次の弾を撃つ少し前までの間は「一定の方向に動いて」、寸前で逆に動くと外してもらいやすくなります。
偏差撃ちが必要な武器は特に効果があるので、少し意識してみて下さい。
(そう思えるだけかもしれないけどね)
スカウトが自分の方に飛んで来たら後ろに下がるより斜め前に走ったほうが外してもらえる可能性は上がる…かな?


・敵のモデルを見る
TF2のモデルはすごく捻れる(上半身と下半身が一緒に動かない)ので、
見るなら上半身、更に言うなら武器が見れるとわかりやすいと思います。


・例外とAimの伸ばし方?
上手い人になればなるほど上記の相対速度を測る時間が短くなっていきます。
なんというか、脳に短い回路が出来るみたいな感じでしょうか。
どんどんこういうフェイントみたいな小細工は効かなくなります。
また、これはあくまでスカウトvsメディック、ソルジャーvsメディックのような
狙う、狙われるがはっきりした関係の話で、
お互いに倒そうとしている場合には変わってきます。

私自身はAimがヘロヘロなのでよく分からないんですけど、
多分上級者の人たちは画面を見たまま(予測の幅を少なくして)撃てるようになってくるんだと思います。
これからAimを伸ばそうと思う人はとにかく画面を認識した状態から早く撃つ練習をすると
惑わされることが減っていいのかなーと思います。即着だからね。
マウスブンブン振って当てて行きましょう!

・戦闘職は脳筋なのか
大体の人は戦闘中に喋れないと思います。
目に入る情報を整理して、マップの構造も頭に入れながら、こう動いて、Aimingして…
結構頭使ってると思うんですよね。
「今日Aim良くないなー」って日は頭が鈍ってるんじゃないかなーって。
いろんな条件を計算するのが遅くなるとどんどんズレが大きくなっていく感じ?でしょうか
当たる日は何やっても当たるよね。(あんまりないですけど)
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL