サーバ管理者がマップのバージョン管理したりダウンロードしたりしなくて済むとか楽だなーと思ってたらそんなことなかった

メリット
 
  • マップのバージョンアップやマップ名変更に対してサーバ管理側が必要な手順がなくなった。
  • ワークショップ用に圧縮されているためマップのファイルサイズが軽い(今までの4分の1程度)。
  • 海外の人が繋ぐときにこちら側でアップロードする必要がないので楽。

デメリット
 
  • changelevel(マップ変更)がそもそも面倒。
  • ワークショップ用に圧縮処理されているため、通常配布版がある場合マップが違うと怒られる(同じマップが2つあるようなもの)。
  • /や.が入ってるせいでdemoファイルのディレクトリ変わったり、拡張子変えなきゃいけなかったりする。
  • demo再生の際、map/workshop/にその時のバージョンのマップを置かないと再生できない。


7/13時点で私のサーバでは、workshopのマップと通常配布版の2つが同時に存在しており、苦労も2倍です。
そのうちgranary_proは通常配布をやめてworkshop版しか存在しない(tf2mapsとファイルサイズ同じ)ので、
全部のカスタムマップがworkshop経由の配布になれば少しは楽になるかも?
valveさん早くどうにかして!

特に早く、workshopのマップはchangelevelのファジーネームに対応していないので対応して欲しい…
マップ名変更対策なのかもしれないけど今の方法は面倒だし使う人も分かりにくいよね。

demo再生やlogs.tfでの分布を考えて、現在はworkshop版は非推奨です。遊べないわけではないですけど。
votemapも通常配布版(ファイルサイズ大きい方)が上に来るようにしたのでよろしくお願いします。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL