画像つきでまとめることにしました。

例として7HUDを使っています。導入したばかりだと

暗い

こんな風にスコアボードが暗い状態です

今回は暗い部分を透過させてみましょう。ゲームは起動したままで大丈夫です。

~tf/custom/7HUD-master/resource/ui/scoreboard.resを開いて

"fillcolor"で検索をかけます。(画像はsakuraエディタで開いて検索をかけた状態)

前

それらしい題名のついてる項目(今回はMainBG、MainBGRed)のfillcolorを変更します。

ほんの少しだけ影になってる方が画像的に見やすいので4番目の数値、透過値(alpha)を30にしました。

後

こんな風に置き換えたら保存して、ゲーム画面の方に戻ります。

hud_reloadscheme

開発者コンソールにhud_reloadschemeを打ってEnter

この時、少し負荷がかかるかもしれません。

透け透け!

うっすらと影がついた状態のscoreboardが出来ました。

 

間違った所を編集して、とんでもないレイアウトになってもhud_reloadschemeでさっと戻せると思えば

そんなに難しいことはないと思うので自分好みのhudを作ってみましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL