一定期間更新がないため広告を表示しています

 Q.最近新規にクラン戦始めた人が多い、中でもメディックが増えてきてる!
ということで古参老害プレイヤーとして何か参考になるといいなと思いつつ
ブログを更新するモチベーションとしているわけですね?

 A.はい

今回は狙われやすい上に、自らを回復する手段のないメディックが少しでも長く生き残るために
普段思っていることを書きつつ自分の中でまとめたいなという試みです。

  1. 開幕中央CP
  2. 対ソルジャー
  3. 対デモマン
  4. 対スカウト
  5. 精神論

1.開幕は目に入る情報が多いので、全部避けるのは至難の業です。
 なので確実に減らせるダメージを減らしつつ味方を回復しましょう。
 粘着は踏まない。(出られないなら出られないと報告する)
 ロケットは着弾点をよく見る。
 足元から後ろに転がるパイプは後ろに避けると当たる。(だいたい同じ速さ)
 スカウトが来たら祈る。(外してっ!)

2.敵ソルジャーとの距離感はとても大事。死んで覚える部分もあると思います。
 近距離で出会ったら死確定ですか?確定です。
 ロケジャンで距離を詰めてくる事がほとんどなので、地形とジャンプしやすい場所を確認しておこう。
 ロケジャンされたくない場合には天井の低い場所を通ると追いつくのが難しくなるので
 味方の応援があるまで時間を稼げるかも。(ex. Granary2.5ヤードの真ん中とか)
 建物などに逃げられる時間がない場合、ロケジャンする際の壁を見る瞬間にロケジャンの下をくぐると戸惑ってくれるかもしれない。
 ヘルスに余裕があるなら足元のロケットに合わせてロケジャンするのも全然有り。
 ショットガンを持ちだされたら死ぬ。祈れ!

3.デモマンはグレネードの一発がでかいし、粘着は逃げる場所が減るというほんと汚いクラスです。
 ただ死ぬにしても諦めるよりは少しでも多く弾を使わせることを考えたほうが、
 チームにとってはいいと思います。
 頭越しに後ろに粘着を置かれたら逃げられません。浮いて死ぬか2個目の粘着で死ぬかの2択です。
 前に活を見出していきましょう。仲間を信じればいける!…かもしれません。

4.開幕でも言ったわけですけど近寄られたら祈りましょう。無理です。味方と一緒に攻撃して倒そう。
 一緒にソルジャーが来たらもっと危険なので引き撃ちができたらいいですね。
 ただフリックショットを避けるコツみたいなのは少しあるのでそれはまた次回に。

5.絶対に死なない立ち回りをすることは、味方にその分ダメージ(弾)が行くので
 チームのためになるかどうかはまた別だと思います。
 適度に狙われて、かつアイツ硬くね?みたいなのが理想かな?
 その為にコツコツ生存力を積み上げると最終的に大きな違いになるんじゃないかなーって思ってます。
 ビカビカ光る帽子とかもそのせいで死んだらもったいないなと思う気持ちみたいなの大事。
ものすごい適当だけどこんなイメージで計算してます

  • 基本重要事項

無敵ユーバー(以下無敵)40秒で溜まる 10秒25%
クリッツユーバー(以下クリッツ)30秒で溜まる

  • 開幕

自分(Medic)が無敵の場合
敵(Medic)が無敵なら同時、敵クリッツなら自分のゲージ85%辺りで来る

  • その他の場合(お互い無敵)

自分が死ぬ→大体のMapはリスポーンまで大体15秒(gullyは10秒でもいいかも)→敵のユーバーに+40%(gullyは30%)
敵が死ぬ→自分のユーバーに+40%(30%)

(後出しユーバーなどで)ユーバー中に敵が死ぬ→30%差

  • ユーバー溜まってから

軽いグダり(皆瀕死とか)→5秒→15%差縮まる
中グダり(一人死ぬとか)→10秒→25%
グッダグダ(もうわけわかんない時)→大体向こうも溜まってる

  • 結局

差がある時はユーバー溜まったら即使えるように距離を詰めておく。
でも粘着確認はしようね!

olo)v


動画貼れてる?